ルテインの摂取量目安

 

目の健康を守る成分として、ルテインという成分があります。天然のサングラスとも呼ばれているルテインは、目が受ける光からのダメージを軽減してくれます。

 

このルテインは元々体内に存在する成分ですが、食品やサプリメントから摂取することでルテインを貯蔵し、目の健康を保つことができます。今回は、ルテインの摂取目安をご紹介します。

 

ルテインの一日の摂取目安

 

目の疾患を防ぐための効果的なルテインの量は、一日6mg〜12mgと言われています。しかし、既に目の疾患を持っている場合は一日20mgの摂取が必要です。通院中の場合は処方される薬との関係もあるので、医師と相談しながら摂取量を調節しましょう。

 

ルテインを摂取するには

 

一日の摂取目安量であれば、普段の食事から摂取することが可能です。

 

ルテインを豊富に含んでいる食品としてほうれん草があげられます。ほうれん草100gあたりに含まれるルテインは10.2mgなので、毎日ほうれん草100gを摂取すればルテインの持つ効果を発揮することができます。

 

しかし、毎日ほうれん草を摂取することは中々難しいことです。ほうれん草の収穫時期以外でも購入は可能ですが、値段が変動するため金銭面での負担が出てきます。

 

また、ほうれん草を使った料理も限界があるため、毎日ほうれん草だけを摂取するのは難しくなってきます。他の食品にもルテインは含まれていますが、ほうれん草に比べると含有量ははるかに少なくなってしまいます。

 

そのため、他の食品でルテインを摂取するとなると、今度は量の問題が出てきます。毎日無理なくルテインを摂取したい場合は、サプリメントをおすすめします。

 

ルテインのサプリメント

 

 

目の健康目的のためにルテインを摂取する場合、継続的に摂取しなければなりません。効率的に簡単に摂取できる方法は、サプリメントが一番良い手段と言えます。

 

しかし、ルテインには種類が二つあります。フリー体ルテインとルテインエステルというものです。ルテインエステルは体内にそのまま吸収されず、一度分解する必要があるため、サプリメントでルテインを摂取したい場合は分解の必要がないフリー体ルテインを選びましょう。