目の健康とルテインの関係性

 

 

近年の研究により、ルテインという成分が目の健康に役立つということが判明しました。ルテインは目の健康にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

ルテインと目の健康

 

ルテインは黄斑色素濃度を高める働きがあります。黄斑色素濃度が高まることにより、白内障の発症の可能性が非常に低くなるという結果が出ています。黄斑は目の水晶体の後ろの網膜中心部にあります。多くの細胞数から形成されている部分で、物を見るための視力を生み出す助けとなります。この黄斑の色素が目の網膜を守ると考えられています。目の健康は黄斑色素濃度により測られているのです。つまり黄斑色素濃度が高いほど目の健康は保たれ、そのためにルテインを摂取する必要があるのです。

 

ルテインの働き

 

ルテインは黄斑色素濃度を高めてくれます。黄斑色素濃度が高まることにより、光による網膜のダメージを軽減します。また近年話題となっているブルーライトから目を守るのもルテインの役割です。ブルーライトは人工物から発生する光で、パソコンやスマートフォン、テレビなどから発生しています。ブルーライト対策のための眼鏡や目薬などが販売されていますが、目の健康を根本から保つためにはルテインの摂取が重要となってきます。

 

目の健康を保つためには

 

目の健康を保つためには、ルテインの量を増やし黄斑色素濃度を高める必要があります。そのためにはルテインが含まれている緑黄色野菜を積極的に摂取する必要があります。また思うように野菜が摂れない方は、先述のブルーライト対策のためのグッズを活用し、光から目を守りましょう。