ルテインと飛蚊症

 

 

目の疾患の一つとして「飛蚊症」というものがあります。飛蚊症はよくある疾患の一つで、目に硝子体のにごりが投影されるものです。身体に害はないと言われているため、眼科で受診しても気にしなければ問題ないと判断されることが多いそうです。しかし目に写る物なので、どうしても気になるという方も多くいます。この飛蚊症を解消する方法の一つとしてルテインの摂取が挙げられます。

 

飛蚊症の原因とメカニズム

 

飛蚊症の原因は様々なものがあります。老化やストレス、紫外線により目の硝子体の中の繊維組織が壊れ、それがまるで浮遊しているかのように目に投影されるものです。飛蚊症は普通に過ごしていても発生するものなので、病気や怪我、重篤でない場合は特に治療はされません。

 

飛蚊症を予防・治療するには

 

重篤な症状ではないけれど目に写るにごりがどうしても気になるという方は、ルテインを摂取することをオススメします。ルテインの持つ抗酸化作用は活性酸素によるダメージから目を守ってくれます。飛蚊症は硝子体の酸化が原因で起こるので、この酸化を防ぐためにルテインは役に立ちます

 

ルテインを摂取し飛蚊症を治すには、ルテインの長期的な摂取が必要になります。しかし飛蚊症の治療のためにルテインサプリの摂取を勧めている眼科もあるので、その効果は保証されていると言ってもいいでしょう。また飛蚊症の原因の一つでもあるストレスや紫外線を防止することも重要です。飛蚊症を予防・治療するためには、毎日の生活習慣を見直しながらルテインを摂取していきましょう。