ルテインの主な働き

 

 

ルテインは黄色の天然色素の一種で、強い抗酸化作用を持っています。マリーゴールドなどの黄色の花弁や食用ではほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれており、体の健康を保つ成分の一つとして注目されています。今回はルテインの主な働きについてご紹介します。

 

ルテインと光

 

ルテインは摂取すると、そのほとんどが目の水晶体などに吸収されます。目以外にも皮膚や大腸に存在していますが、特に目に対する効果が高く出る成分です。

 

目は人間の身体の中で唯一大概に露出している臓器と言われており、外部からのダメージに弱い部分でもあります。特に光に対してのダメージが多く、また目に見えないダメージのため、気付かないうちに目が傷ついているという場合があります。光は太陽光に含まれる紫外線の他、人工による光であるブルーライトも目にダメージを与えます。ブルーライトはパソコンやスマートフォンの画面、テレビなどに含まれており、現代人にとっては身近な物と言えます。実際ブルーライト対策用品というものが近年になって多く出回っており、目に対する保護を意識している方は少なくないようです。この光から目を保護するのがルテインです。

 

ルテインの働き

 

ルテインは目の水晶体に多く存在しています。水晶体とは目のレンズに当たる部分で、物を認識する際に像として写す重要な役割を果たしています。この水晶体は光や活性酸素に当たることでダメージを受け、眼精疲労や目の疾患の原因になります。水晶体に含まれるルテインは光を防ぐ役割を果たしており、外部からのダメージを軽減してくれます。ルテインの含有量を保つことで目の健康に繋がるのです。