ルテインが不足することで起こる健康被害

 

 

ルテインは光などの外部の刺激から目を守る「天然のサングラス」と呼ばれている成分です。目の健康を維持するためには欠かせない成分ですが、ルテインが不足すると体にはどのような影響が出るのでしょうか。

 

ルテインが不足する原因

 

ルテインは目の疾患予防や改善に効果の高い成分です。眼科でもルテインサプリメントの摂取を勧めているところがあり、その効果は医学的にも認められています。しかしルテインは老化や光からのダメージにより段々と減少していきます。目に見える成分ではないため、気付かないうちにルテインが少なくなっていたという場合も考えられます。

 

特に近年は科学技術の発達により、テレビやパソコン、ゲーム画面などの人工の光を浴びる機会が多くなり、若い人にもルテイン不足が出ているというケースは珍しくありません。

 

ルテインが不足することで起こる健康被害

 

ルテインが減少すると目に様々な疾患が起こります。代表的なものでは加齢による白内障や緑内障です。高齢化社会に伴い様々な疾患を抱えた方が増加していますが、老化によるルテイン不足で白内障や緑内障も増加しています。白内障、緑内障は手術により治りますが、普段からルテインを積極的に摂取することでこれらを防止することが出来ます。

 

また身近なものですと飛蚊症が挙げられます。飛蚊症は目の硝子体ににごりが投影されるもので、小さなほこりのようなものがまるで浮遊しているかのように目に写る症状です。

 

重篤でない場合は眼科でも治療は行いません。飛蚊症は活性酸素によるダメージが硝子体に与えることで起こる現象なので、抗酸化作用を持つルテインは飛蚊症に効果的と言えます。