ルテインに副作用はあるか

 

 

目の健康に良いと言われているルテインですが、過剰摂取や副作用はあるのでしょうか。今回はルテインを摂取する上で注意しなければならないことをご紹介します。

 

ルテインの安全性

 

ルテインは元々人間の体内に存在する成分で、含まれている食品も野菜などの自然のものなので、安全性に問題はないと言われています。またルテインをサプリメントにしたものに関しても、副作用の報告はありません。

 

ルテインの一日の摂取目安は6mgあたりが望ましいとされています。これは正式な摂取量目安ではありませんが、これまでの研究により栄養学者などに定められました。一日6mg以上のルテインを摂取し続けても何も問題はないとのことです。

 

副作用はあるのか

 

自然由来のルテインに関しての副作用はありませんが、サプリメントでよく見られる合成ルテインに関しては一部で副作用が出たとの報告があります。合成ルテインはルテインの含有量を増やし安価で販売するために、石油を原料として作られています。この石油の合成ルテインを摂取することで目のかゆみや腫れ、咳や喘息、胸焼けなどが起こる可能性があります。特に副作用が起きやすい人として、飲酒や喫煙を行う方が挙げられます。これらの副作用を回避するためには、サプリメントでルテインを摂取する場合は天然のルテインを使った製品を選ぶようにしましょう。

 

またサプリメントにはルテインだけでなく、他の成分も含まれている場合があります。ルテイン自体に問題はなくても、他の成分に対して身体がアレルギー反応などを起こす場合があります。サプリメントを購入する場合は必ず成分表をチェックするようにしましょう。