ブルーベリーとルテインの違い

 

目の健康に良い食品というとブルーベリーを想像する方が多いと思います。実際、目の健康維持目的のためにブルーベリーの成分を含んだサプリメントなどの商品が多く発売されています。

 

しかし、ブルーベリーと同じく、目の健康維持のために欠かせない成分として注目されている成分があります。それがルテインです。

 

ルテインサプリランキング第1位は?

 

ブルーベリーの働き

 

ブルーベリーが目にいいと言われているのは、アントシアニンという成分が含まれているためです。アントシアニンはポリフェノールの一種で、網膜に含まれているロドプシンという成分の再合成を助ける働きがあります。

 

ロドプシンは目に入った光を信号に変え、脳に送る働きを持っています。人間が目で見るために重要な役割を果たしている成分です。

 

しかし、ロドプシンは目を使っていると徐々に減少していきます。通常はたないで合成されますが、目を酷使すると合成が追いつかなくなり、目の機能が低下してしまいます。このロドプシンを増やし、目の機能を回復するのがブルーベリーなのです。

 

ブルーベリーとルテインの違い

 

ブルーベリーはアントシアニンという成分で、低下した目の機能を回復します。

 

ルテインは緑黄色野菜を始め、豆類や海藻類に含まれており、光によるダメージから目を守る働きがあります。

 

二つとも目の健康に関する物という共通点がありますが、その働きは異なります。目の健康を保ちたいという方は、ブルーベリーとルテインの両方をバランス良く摂取することをオススメします。