ルテインと美容効果

 

目の健康を保つための成分として注目されているルテインですが、ルテインは目だけではなく身体の様々な部位に存在しています。その中でも、肌に存在するルテインは美容面でも注目を浴びています。

 

肌とルテイン

 

肌の細胞を構成する成分の一つとして、ルテインがあげられます。肌の老化の原因となる酸化や紫外線のダメージと共に、ルテインは減少します。しかし、ルテインを補給することで肌の細胞を作り直し、肌本来が持つ機能を回復することができます。

 

肌の健康といえばコラーゲンを思い浮かべる方が多いと思いますが、ルテインも美肌のためには欠かせない成分なのです。

 

ルテインが果たす肌への役割

 

ルテインは肌の水分量を増加し、分泌される脂質の量を整えてくれます。また、肌の弾力を高め、紫外線からのダメージを軽減してくれます。

 

また、紫外線だけではなく、人工物から発生するブルーライトから肌を守ってくれるのがルテインの特徴です。普通の日焼け止めではブルーライトを防ぐことができません。ブルーライトは肌を通過し、抗酸化ストレスを引き起こしてしまいます。肌細胞に豊富なルテインを保持しておくことで、肌の健康と美肌を保つことができます。

 

ルテインはほうれん草などの緑黄色野菜から摂取することができますが(ルテインを含む食品)、肌に関しては局所塗布をすることでも効果が得られるという研究結果が出ています。また、皮膚がんの予防にも効果的と言われています。ルテインは目だけでなく、肌の健康も保つ優秀な成分と言えます。