ルテインサプリメントの選び方!

目の健康を支える有能成分「ルテイン」。目の中(水晶体・黄斑部)に存在し抗酸化作用を持ち、光のまぶしさ・ピントのずれなど目の見え方、コントラストなどを改善する働きを持つことから、天然のサングラスとも呼ばれます。

 

ルテインに期待できる効果として
  • 白内障、緑内障
  • 飛蚊症
  • 老眼

 

など、加齢とともに発症しやすい症状に良いといわれています。ルテインは年齢を重ねるごとに失われていくため、目の健康を守るために一定量を継続して補給することが大切です。

 

ルテインサプリメントの選び方!
  • ルテインの含有量は?
  • ゼアキサンチン・アントシアニンは含まれるか

 

など、ルテインの含有量は重要なことはもちろんですが、ルテイン単体摂取よりも同時にゼアキサンチン・アントシアニンなどの成分と一緒に摂ると体内への吸収率がグンと上がります。販売されている中でも人気の高いルテインサプリメントを比較表にしてみました。参考にしてください。

 

ルテインサプリメント比較

商品名

めなり

めばえ

なごみアイ

内容量

1袋60粒(30日分)
1日2粒目安

1袋30粒(30日分)
1日1粒目安

1袋60粒(30日分)
1日2粒目安

価格

30日分980円(税込)
1日あたり約33円

30日分1642円(税込)
1日あたり約55円

30日分1980円(税込)
1日あたり約66円

ルテイン含有量


12mg


20mg


10mg

ゼアキサンチン・アントシアニン配合有無


ゼアキサンチン2.4mg
アントシアニン(ビルベリー)170mg


ゼアキサンチン


ゼアキサンチン2mg
クロセチン7.5mg

お得情報 15日間返金保証 機能性表示食品 -
リンク 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

 

ルテインサプリメントランキング

比較した結果、ルテインサプリメントの実感度・満足度を重視しランキングまとめました。

 

めなりの特徴

めなりは、目に良い栄養を贅沢に配合した最高峰のアイケアサプリメントになります。1日分にルテイン12mgをはじめ、相乗作用が見込めるアントシアニン・ゼアキサンチンなど含む上、βカロテン・アスタキサンチンなどの目の老化を防ぎ健康を守る有用成分も含有しています。これだけの実感度高い仕上がりなのに、1日あたり約33円という優秀コスパも人気の理由です。迷ったらめなりを選べば間違いなしです。

価格 980円
評価 評価5
備考 ルテイン12mg・ゼアキサンチン・アントシアニン・クロセチン・アスタキサンチン・βカロテン・ビタミン・ミネラル
めなりの口コミ

40代女性
めなりはルテインの配合率が高く、高品質のポリフェノールが含まれているビルベリーも配合されいるので購入してみました。まだ1袋目なのですが、パソコンを打っていても疲れにくくなりました。

30代女性
ドライアイでつらくて、サプリを探していました。口コミの評価がとても良いので購入の決め手になりました。赤い栄養素のアスタキサンチンが配合されているので、これは効きそう、って思いました。

 

やわた めばえの特徴

やわた めばえは、1日分にルテイン20mg配合のサプリメントになります。また、ルテインによる光の刺激・コントラスト感度の改善など目の調子を整える働きが認められた機能性表示食品です。ルテイン以外に、ゼアキサンチン・アスタキサンチン・リコピン・イチョウ葉・ビタミンEなど活性酸素から守る抗酸化成分が豊富に含まれます。

価格 1642円
評価 評価4
備考 ルテイン20mg+ゼアキサンチン・アスタキサンチン・リコピン・イチョウ葉・ビタミンEなど
やわた めばえの口コミ

50代男性
老化現象のピントずれを何とかしたくて選びました。ルティンだけでなく、アントシアニンやDHAも配合されているのがいいですね。飲み始めてから、視野がクリアになった気がします。

50代女性
ものが見えにくいと、眉間のしわが深くなるので何とかしたかったんです。口コミを見ていたらめばえは加齢による視力の衰えに効果があるらしいことがわかって、購入しました。眉間のしわが深くならないといいな。

 

なごみアイの特徴

なごみアイは、理想のアイケアを目指したこだわりのルテインサプリメントになります。目の健康のために、必要な成分を必要な量だけ、をコンセプトに、配合成分を黄金比率により凝縮しています。また、使用する原料も農薬不使用栽培の素材を使い、厳しい基準をクリアしたGMP認定工場において製造されています。ルテインの力を最大限に引き出すベストべランスのサプリメントです。

価格 1980円
評価 評価3
備考 ルテイン10mg+ゼアキサンチン・クロセチン・ブルーベリー葉エキス・アスタキサンチン・ヒアルロン酸
なごみアイの口コミ

70代男性
原材料が気に入りました。口コミ評価も高いとのことだったので、購入手続きをしました。10日ぐらい飲んでいますが、視界が良くなったような気がします。これからも続けたいと思っています。

40代女性
経理の仕事をしていますが、細かい文字が見えにくくなりました。ルテインのサプリがいいと聞いたのですが、友人や会社の同僚の口コミでなごみアイがいいよと言われて購入しました。まだ目の疲れは残っていますが、肩こりが緩和されてきました。

 

 

目を守るルテイン

 

 

高齢化社会となった昨今、目の疾患を抱えている方も増加しています。白内障や緑内障は年齢を重ねるごとに発症のリスクが高まります。目の疾患は、放置しておくことで失明につながる恐れがあります。

 

目は人間の体内で唯一外部に晒されている臓器と言われているため、目の疾患を防ぐためには普段から目を労わることが大切です。

 

しかし、加齢と共に目の健康はどうしても損なわれてしまいます。それを防ぐためには、目の根本的な健康を保つことが重要になってきます。そのために役立つ成分が「ルテイン」という物です。

 

ルテインは目の栄養素

 

ルテインはほうれん草を始めとした緑黄色野菜に多く含まれています。ルテインを摂取するとその殆どが目の健康維持のために吸収されます。また、ルテインは元々体内に存在する成分で、加齢とともにルテインは減少してしまいます。

 

ルテインは「天然のサングラス」と呼ばれる成分で、光から受けるダメージを軽減してくれます。紫外線やテレビなどの人工の光から目を守り、目の健康を保つのがルテインの役割です。ルテインが不足すると光からのダメージを受けやすくなり、放置しておくと白内障などの目の疾患に繋がります。

 

ルテインを増やすためには

 

ルテインは食事やサプリメントから摂取することができます。食品では、緑黄色野菜や果物、豆類に含まれています。これらをバランス良く毎日摂取することで、ルテインの減少を防ぎ目の健康を保ちます。サプリメントは、目の健康を目的としたルテインサプリが販売されています。サプリメントは食品より効率良く摂取できるので、食品で摂取が難しい方はサプリメントからルテインを摂取しましょう。

 

ルテインを効率良く摂取するなら

 

 

ルテインを効率良く摂取するためにはどのような方法があるのでしょうか。

 

ルテインを含む食品とルテインサプリ

 

ルテインは緑黄色野菜に含まれている成分です。代表的なものとしてほうれん草があげられますが、それ以外の野菜となると含有量は少なくなります。

 

そのため、一日の摂取量目安をクリアするためには、大量の野菜を摂らなければなりません。ルテインのみを目的として摂取したい場合は、ルテインサプリメントを摂取することをオススメします。サプリメントでしたら効率良く簡単にルテインを摂取でき、摂取の負担が少ないため継続して摂取することができます。

 

ルテインの性質

 

ルテインは脂溶性の栄養素の一つです。脂溶性とは、文字の通り脂に溶けやすい栄養素で、水には溶けにくい性質を持っています。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれているため、ルテインを効率良く摂取したい場合は脂と野菜を一緒に摂取しましょう。

 

また、ルテインのサプリメントを飲む場合は、食後に摂取すると最も吸収率が高くなります。サプリメントの一日の摂取量を守り、食後に摂取する習慣を付けましょう。

 

生活習慣

 

ルテインの効果を得るためには、継続して一定量のルテインを摂取しなければなりません。また、ルテインの効果を最大限に発揮するためには、毎日の食生活のバランスを整えたり、睡眠時間を十分とったり、喫煙を控えることが必要です。

 

ルテインは光から身体を守る効果があります。このため、ルテインを増やしたい場合はできるだけ直射日光を浴びないようにすることも必要です。

 

ルテインの効果に期待の眼病とは?

 

強力な抗酸化作用を持つカロテノイド色素のルテインは、目の健康に役立つ栄養成分として注目されています。最近では、ブルーベリーサプリなどにも配合されているのが目立ちますよね。ルテインは自然の植物などにも含まれている成分ですが、もともと人間の目の一部にも存在している成分です。そのため、眼病対策にもルテインが役立つ場合があるといいます。

 

例えば、黄斑変性症・白内障、緑内障・老眼などが代表例です。黄斑変性症は視力に不思議な変化が起こる症状で、まわりは見えているのに見ようとしているもののみぼやけてしまいます。

 

今のところ有効な治療法もなく、進行すれば失明の原因ともなるといわれている病気ですから、早めに対策したいところです。

 

原因と考えられているのが酸化ダメージで、ルテイン不足になると黄斑変性症になるといわれています。白内障は目の中の水晶体がにごってくる病気で、やはり原因には酸化が関係しているといいます。65歳以上の人に多いとされる白内障ですが、ルテインの摂取によって酸化を防いだり、レシチンで細胞膜を強化するのが効果的だといわれています。

 

緑内障は中高年に多い眼病ですが、近年患者数が急増しているといいます。自覚症状がないままに進行し、失明する恐れのある眼病であることから、要注意ですね。細胞の老化が原因のことから、ルテインの摂取も効果的ですが、同時にレシチンなどを摂取するとよいでしょう。

 

これらの眼病と同様、老眼も目の老化が原因で起こります。目を過剰に酷使しないようにすることも大切ですが、ルテインのように目の働きを支えている成分の不足を補うことにも気を配りましょう。

 

1日に必要なルテインの量は?

 

ルテインはもともと目の中にも存在する成分だといいますが、サプリメントで摂取する場合にはどのくらいの摂取量を目安にするとよいのでしょうか。

 

一説には、1日に6〜10mgのルテインを摂取するとよいといわれています。しかし、全てのルテインが吸収されるとも限らないため、10〜20mgの摂取をしておくのが理想という説もあります。

 

自然の食品でルテインを多く含んでいるのは、緑黄色野菜です。ケールやほうれん草、ブロッコリー、インゲン、カボチャなどが代表的で、熱にも強いのが嬉しいですね。

 

油と一緒に摂取すると吸収がよく、油炒めにしたり、ドレッシングをかけて食べるのでも効果的に摂取できます。ただ、最近の野菜には昔ほど栄養成分が多く含まれていないといいますし、眼病予防のためにルテインで対策したい場合は、十分な量を摂取したいと思うでしょう。サプリメントで補足すれば、より効率よくルテインを摂取できそうですね。

 

失敗しないルテインサプリの選び方は?

 

ルテインサプリを飲んでみようと思ったら、選び方に気を付けることも大切です。まずは、気になったサプリメントにどのくらいルテインが配合されているのかをチェックしてみてください。サプリメントだけ摂取して食事をしない人はいないでしょうから、食事で摂取できる分は少し差し引いてもよいでしょう。

 

次に、天然成分を使っているのか、合成成分で作られているのかが気になるところです。ルテインのサプリメントでは、マリーゴールドから天然成分を抽出したタイプが多くなっています。身体に負担をかけないように栄養成分を摂取するには、天然成分を使っているほうがよいかもしれません。

 

ただ、何が自分の身体と好相性かは人によって違うため、飲んでみて異変が生じるようであれば中止して別のサプリメントを選ぶようにしましょう。ルテインと相性のよい成分が配合されているかどうかも、チェックしてみてください。レシチンなどは、ルテインと一緒に働いてくれることが多いため、サプリメントに同時配合されているとよいですね。

 

ルテインサプリメント比較とランキングへ行く

更新履歴